株式会社アイペック

お問い合わせ

SDGs

下にスクロールします。

株式会社アイペック SDGs宣言

2021年3月1日(月)

北陸三県で非破壊検査、土木調査診断、IoTサービス・ソリューションソリューションを展開している当社は、「SDGs(持続可能な開発目標)」の課題解決を経営課題と捉え、社会インフラ、構造物の検査、調査を通して、 社会的課題の解決と経済発展の両立を図ることで持続可能な社会の実現に取り組みます。 ついては、「SDGs」の達成に向けた活動をさらに強化することを宣言します。

街の健康と人の健康を守る!
安全・安心・アイペック

SDGsアイコン

アイペックブランド×自分ブランド

社会の大きな変化に伴い、今後、サプライチェーンの経営方針や経営戦略も大きく変化していきます。私たちは、このVUCA時代において社会に必要とされる企業であり続けるために「SDGs」を社員全員で学びはじめました。「SDGs」を学ぶことで、広い視野をもちお客様との視点をあわせ「わたしたちに何ができるか!」と問い続けながら、お客様や地域社会の課題に向き合っていきます。アイペックの社員は地球に暮らす一員として、日々の仕事と「SDGs」を関連づけ、私たちの使命である『街の健康と人の健康を守る!安全・安心・アイペック』の誇りをもち、「自分ブランド」としてお客様のご要望にこたえていきます。

社会基盤の見えない安全を守る

橋や道路など高度成長化時代に建設された社会インフラの老朽化は進んでいますが、全ての社会インフラを補修することは量とコストを考慮してもできません。そこで、アイペックは、橋やダムといった構造物の非破壊検査、調査・診断やIoT技術で橋梁のモニタリングなどを実施することによって、効率的な補修計画のための情報提供をし、地域住民のみなさまの「安全」を守っています。例えば、橋梁のモニタリングは、私たちが日々検温や体重測定などで体調管理をするように、構造物に様々なセンサーをつけて日々の状態を計測します。大きく悪化する前に補修することでコストを抑え、社会インフラの長寿命化に寄与します。

「SDGs」は経営理念 そのもの

アイペックの経営理念 『100年の大計 人と公』は、SDGsの理念である『豊かで安全な暮らしを継続的に営む』と同じ意味あいをもっています。

SDGs

金沢工業大学 平本先生監修の「Start SDGs」認定SDGsビジネスマスターによるプログラム

SDGsビジネスの第一人者である金沢工業大学SDGs推進センター長の平本督太郎先生監修の「Start SDGs」認定SDGsビジネスマスターによるセミナーを昨年9月から毎月継続的に実施。「SDGsを知る」から自社への落とし込み、未来予測をしながら、「独自性・優位性を図れる社会課題解決型の新サービス」を生み出すプログラムを受講しています。社員ひとりひとりの可能性を最大限に生かしながら社会に変革を起こしていきます。

SDGs取組事例

1, インフラの健康を守る

SDGsアイコン9、11、12

老朽化の進むインフラ構造物の安全を守る!

私たちは日々様々な検査技術を使って、橋やダムといった構造物の保守に取り組んでいます。みなさんが安全に生活できる様に、高い場所や狭い場所にも入っていきます。

新しくつくるインフラ構造物の品質を守る!

今後新しく作る橋を、より長く使用していくためには、橋の安全=品質の確保が重要です。そのために私達の検査技術が必要になります。品質を守ることによって、地域の方が将来にわたり安全に使用できるためのお手伝いをしていきます。

橋の検査イメージ

2, IoT技術で構造物の異常を早期発見

SDGsアイコン8、9、11

日々のモニタリングがより
健康な状態を維持する秘訣!

私たちが日々検温や体重測定により体調管理をするように、構造物に様々なセンサーをつけて日々の状態を計測します。大きく悪化する前に少しずつ補修をすることで、修繕にかかるコストを抑えることができます。高所などを点検する際の作業の危険リスクを軽減します。

IoT技術による構造物の計測イメージ

3, クリーンエネルギーの健康を守る

SDGsアイコン7、9、11

クリーンエネルギーを未来に!

安定したエネルギー供給は私たちの暮らしの基盤です。アイペックは再生可能エネルギー設備や化学プラントの省エネ化に非破壊検査技術で寄与し、CO2排出削減及びエネルギー自給率の向上を推進しています。

クリーンエネルギーイメージ

4, 時代に適した営業で地球の健康を守る

SDGsアイコン8、9、11、13

効率的な働き方等により、CO2を削減!

テレワーク営業やリモート会議の積極的な導入により、自動車による営業機会を削減していきます。さらに営業車を水素自動車へ切り替えたり、水素ステーションを設置することを視野にいれCO2の排出削減を目指していきます。

時代に適した働き方イメージ

5, 健康経営で社員の健康を守る

SDGsアイコン1、3、5、8、17

柔軟な働き方への取組み

テレワーク、スマートムーブ(直行・直帰)、フレックスタイム制度、勤務間インターバル制度、時間有休制度を導入。フリーアドレス制のオープンフロアでコミニュケーションをはかり、部署間の垣根をこえて助けあい、業務効率UPをはかります。これらの柔軟な働き方、業務効率UPで時間外を削減。自己啓発や資格取得へ取り組む時間をつくり、プライベートの充実、ワークライフバランスの実現を目指します。

企業は人なり

私たちは「健康でいきいきとで、やりがいを持って、いい仕事をする」ことを目指しています。例えば、健康診断の100%受診、禁煙外来や予防接種など保険適用外の費用の補助。社員のメンタル不調の予防のため、ストレスチェックを実施し、産業医とともに環境改善に取り組んでいます。

健康経営イメージ

6, 富山モデルのパートナーシップで
地域住民の安全と健康を守る

4、9、11、13、17

交通量調査により、安全安心で快適な街に!

産官学の連携体制「富山モデル」では、富山市及び富山大学とパートナーシップを組み、センサー技術を用いて交通量を予測することによって混雑緩和に取り組む等、安全・安心で快適な街づくりに貢献しています。

富山イメージ

メディア掲載

「働き方のSDGs研究所」
Webサイトに掲載

2022年1月17日

TOMS 田中会計グループ様が 「働き方のSDGs研究所」という公式サイトを立ち上げられ、弊社の取組みを紹介してくださいました。

チューリップテレビの「N6」
「富山のSDGs」でアイペックが紹介

2021年9月14日

2021年9月14日(火) 18時15分~14:54-15:24 チューリップテレビのニュース番組「N6」 「富山のSDGs」というコーナーでアイペックが紹介されました。

「富山県SDGs宣言登録企業」に追加

2021年9月7日

2021年9月7日に、「富山県SDGs宣言」をいただき、「富山県SDGs宣言登録企業」となりました。 株式会社アイペックは、「SDGs(持続可能な開発目標)」の課題解決を経営課題と捉え、社会インフラ、構造物の検査、調査を通して、 社会的課題の解決と経済発展の両立を図ることで持 続可能な社会の実現に取り組みます。

「富山県SDGs宣言」Webサイトに掲載

2021年8月20日

8月20日に富山県様が 「富山県SDGs宣言」という外部サイトを立ち上げられそこへ弊社も掲載させていただきました。

「富山県SDGs宣言」に応募

2021年7月24日

この取組みは、富山県内の事業者や団体等からのSDGs宣言を富山県の「富山県SDGs宣言」専用サイトに掲載するほか、 SDGsに関する取り組みやすい事例やユニークな取組みなどを広く発信することで、SDGsの推進と県内事業者等の成長・発展戦略につなげるものです。

(株)北陸工業新聞社
「日刊 建設工業新聞」に掲載

2021年3月11日

3月11日に(株)北陸工業新聞社様が発行されている「日刊 建設工業新聞」に掲載させていただきました。

ページの上へ戻る