076-438-0808

検査機器って
どうしてたくさん
種類があるの?

なぜ検査が必要?
例えるなら人間ドック

私たち人間は、身体の健康を維持し長寿命を目指すため、定期的に様々な検査をします。
同じように、身近に見かけるビルやマンション、橋、各種タンクに地上地中を通る管等
社会インフラが健やかに長寿命化を図る場合、
人間と同じ様々な検査を行い「健康状態」をみる必要があります。

非破壊検査には以下のような
様々な種類の検査があります。

超音波探傷検査(UT) 放射線透過検査(RT) 渦流探傷検査(ET)
磁粉探傷検査(MT)浸透探傷検査(PT)歪(ひずみ)測定(SM)
超音波厚さ測定(UM)

社会インフラも、私たち人間と同じように様々な検査方法を駆使する事で、
はじめて対象物が健康なのか、健康を維持するためにどうしたらよいか、
異常があればどのような治療が必要なのかを知ることができます。
多くの医師や看護師、検査技師等のチームワークが必要なのです。

事前調査・検査・計測・診断はもちろん、
ほとんどのことができるのは北陸ではアイペックだけ!

これらを個人クリニックのように別々で検査しようとすると

時間、費用が増し、
検査漏れや誤診断の可能性も・・・

総合病院や健康診断専門機関では
診断が早い!診断漏れが少ない!!

個人クリニックでは総合的な検査は出来ない場合があり、
総合病院や健康診断専門機関へ行く必要があることと同じように、
アイペックでは、社会インフラの点検・検査・調査補修設計に加え、
コンサルティングサービスに、リアルタイムモニタリングシステムの提供まで、
社会インフラの健康維持と長寿命化に貢献しております。

事前調査・検査・計測・診断はもちろん、
ほとんどのことができるのは北陸ではアイペックだけ!

しかも診断だけで終了しません!
人間でいえばアドバイスや治療方針まで

人間ドック

アイペック

問診・診察
事前調査・下見
検査
計画・各種検査
診断
診断・解析
診断結果・アドバイス
報告書提出
治療計画
補強・補修提案
再診
次回検査

人間ドックと同じように社会インフラの健康を維持・回復し、
長寿命化を目指します!